2017年4月18日火曜日

小松ひとみさんの写真展が始まりました



 仙北市角館出身の小松ひとみさん。写真との関わりは、千葉克介さん(黎明舎)のフィルム整理を手伝ったことが発端とのこと。撮影助手を経て16年後に個人事務所を設立。フィールドは全国に広がっています。そんなひとみさんの写真展が、今日から地元の角館(平福記念美術館)で始まりました。


 「桜逢瀬」「みちのく色物語り」と題した個展のオープニングに、作品とひとみさんを慕い、本当に多くの皆さんが駆けつけてくれました。あいさつで「皆さんからお世話になって今日があります。感謝の気持ちでいっぱいです」と涙ぐみ、また「桜のまちに生まれ、桜が大好きで、桜の開花を聞いては南下し、桜前線の北上と一緒に車を走らせた10数年でした」とお話してくれました。そんなひとみさんの日常があって、私たちは素晴らしい写真を愛でることができています。作品とひとみさんの生き方が同期していて、心を大きく揺さぶります。お礼を言わなければいけないのは私たちの方です。


 個展は5月31日まで。この間、間違いなく角館のサクラはもちろん、刺巻湿原のミズバショウ、八津・鎌足のカタクリが満開を迎えます。ぜひ仙北市へお越しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿