2020年4月4日土曜日

ご馳走おにぎり作りに挑戦


 「今日も嫌がらせ弁当」(主演・篠原涼子さん、監督脚本・塚本連平さん)を観て、キャラ弁を作ってみたくなりました。でも少しハードルが高そうなので、ご馳走おにぎりから始めようと思います。

 そんなわけで、来週から「主役はご馳走おにぎり」(Tesshiさん著、発行はKADOKAWA)をお手本に、おにぎり作りに挑戦です。私はお昼も職場でパソコンに向かっていることが多く、その点、片手で食べられるおにぎりは便利です。と言うか何よりご飯が大好きでして…。

 料理は考えの整理に有効だと書いた本がありました。台所に立つ時間が増えると、体重も一緒に増えるんでしょうね。
※写真は「今日も嫌がらせ弁当」映画PR映像など。

2020年4月3日金曜日

コロナウイルスの税制支援策は…



 仙北市内では、売上げの減少で税金を納めることが困難だという切実なお話しをよく聞きます。国は、新型コロナウイルスの緊急経済対策をとりまとめていますが、そんな中で税制の支援策について報道がありました。

 中小企業対策では、売上げが急減した場合には固定資産税(土地を除く)の減免、法人税や消費税の納付の猶予が中心になるとのこと。また個人向けでは、自動車税の減税や住宅ローン控除の特例措置を延長するという情報です。減収割合によって、対応策は段階的なものになる報道で、自治体の減収分は国が全額を補てんするとしています。消費税の減税は見送りになっています。

 私は、2月後半に立ち上げた仙北市コロナウイルス対策部、また市議会での議論の際も、「何とか税制面でも経済対策を提案したいと考えている」とお話ししてきました。しかし税制の仕組みは複雑で、市の判断が県税・国税、地方交付税などに影響する場面もあり、市独自での対策フレームづくりは難航していました。やっと税制面での経済対策が動き出しそうです。
※写真はお客さまのいないレストラン(イメージ)。

2020年4月2日木曜日

ごあいさつまわりを取り止めました



 毎年この時期は、お世話になっている機関や皆さまをお伺いし、ごあいさつまわりをしていました。でも今年は取り止めました。どうかご理解をお願いします。

 この1ヶ月で世界は激変しました。私も変わりました。実はこれまで、自身の健康管理には余り熱心ではありませんでした。しかし、私の怠惰で周辺の皆さまの感染リスクを高めてはいけないと考え、手洗い、うがい、咳エチケットの他、体温チェックも始めました。

 写真の手づくりマスクは、家人が知人からいただいたものです。秋田犬が可愛いので使わせてもらっています。

2020年4月1日水曜日

コロナ対策と計画事業を同時進行で




 職員に年度始めの思いをお話ししました。次の通りです。~仙北市の今年度の取り組みは、1つは新型コロナウイルスから市民を守ること、もう1つは当初予算や各事業計画に盛り込んだ事業の着実な進捗、この2つです~。

 ~新型コロナウイルス対策は、全てのセクションでコロナウイルスを理解する努力をしてください。イベント等の中止が続いていますが、私たちの判断基準はシンプルで、市民の安全対策が最優先です。政府は大型の経済対策に言及しています。しかし実態が全く見えず市内の各事業主は疲弊しています。市役所も手が足りない現状ですが、やれることは何でもやる、市民が生き延びてこその仙北市です。

 当初予算や各事業計画に盛り込んだ事業は、着実に進捗するようお願いします。計画時点と現在は世の中が激変しているので、筋道の修正や手法の改善はしてください。目標を達成することが何より重要です。朝令暮改を恐れないでください。市民の所得向上と、市が有する資源の最大活用で、仙北市の可能性をカタチに変える作業を、はっきりと誰もが目視できるよう最大努力をお願いします。少し先の話になりますが、コロナウイルスが終息した後の仙北市の姿をイメージしてください。市民の皆さんが、また職員の皆さんが思い描く仙北市になるために、それでは今から何をしなければいけないのか、そんな思いを持って毎日の公務にあたってください。

 今年度は新角館庁舎が完成します。これにあわせて組織再編も行います。健康に十分ご留意いただき、チーム仙北で市民をしっかり支える仕事をしましょう~。
※写真は今年度から仙北市職員となった7名の新規採用者。みんな頑張れ!。

2020年3月31日火曜日

国が大覚野峠の改良に調査費を計上




 嬉しいニュースです。国道105号の難所・大覚野峠の改良に向け、国直轄公事の検討を行う調査費が国の新年度予算に計上されました。皆さんの要望活動の成果です。本当にありがとうございました。

 国道105号は3桁国道ですから、県が国に代わって改良工事や管理を行います。大覚野峠は仙北市と北秋田市の市境にあり、特別豪雪地帯で狭隘なカーブが連続する難所。そこで両市や関係自治体は期成同盟会を立ち上げ、また市民の皆さんの強力な要望活動をバネに、高速移動や安全向上の改良を国県に働きかけてきました。県は改善案をトンネル5本の整備などでまとめましたが、その設計や施工は高度な技術が必要で、国に支援を求めていました。

 先ごろ知事と一緒に国土交通省を訪ねた時、御法川副大臣から力強い言葉をいただきました。それを裏付けた予算計上です。心から感謝を申し上げます。なお、仙北市は来年度から国土交通省に職員を派遣します。
※写真は秋田魁新聞3月31日朝刊。

2020年3月29日日曜日

角館の桜まつりを中止とします


 角館の桜まつりを中止とします。先々週、規模縮小で開催を決めましたが、県内で新たな感染者が発生し、首都圏等で感染経路が不明なケースが多数確認され、政府が特措法で対策本部の設置をするなど、既に一段高いリスク局面に突入しているとの判断です。

 先ほどまで開催した桜まつり実行委員会の決定です。実は実行委員会に先立ち、昨日28日に担当者会議で情勢分析を行いました。その段階でも、交通規制などの場面で感染予防対策に限界があるとの結論でした。実行委員会では「先の判断とは危機フェーズが全く違う」とか、「規模縮小で開催は誤ったメッセージを伝えかねない」などの意見があり、中止が適切との結論でした。角館の桜まつりで初めての中止だと思います。全てのイベント、出店、歩行者天国、仮設トイレの設置などは行いません。しかし夜間の保安対策・安全対策の観点からライトアップは実施し、動画配信なども行う予定です。

 大変に残念な判断です。皆さまのご理解とご協力をお願いします。なお、刺巻湿原のミズバショウ・八津鎌足のかたくり群生の郷なども含め、あきた花紀行については最新情報の確認をお願いします。
※夜桜の写真は深沢公一さん撮影(2019)。

2020年3月28日土曜日

ドキドキの「笑って生ききる」


 瀬戸内寂聴さんの新刊「笑って生ききる」(中央公論新社)から、元気が出る幾つかの言葉をご紹介します。そしてドキドキしてください。

 昨年、瀬戸内さんのYouTube動画で、「皆さん、若さは一瞬で過ぎていきます。今こそ皆さんがしなければいけないことは“恋と革命”ですよ」との説法に出会いました。この映像には驚きました。以降、数冊の本を読みながら新刊を待っていて、今日「笑って生ききる」を読むことができました。消耗した一週間だったので、新書から元気をいただきました。例えば、○自分なんか…なんて絶対に言わないこと。それは自分に本当に失礼。○歳を重ねた人は若い人を褒めるのも仕事の1つ。○悲観的な考えしか浮かばないときは鬱になりかけている。そんなときは自分を楽しませること。解放すること。○人は生きている限り変わり続けることができる。明日の自分は今日の自分ではない。○煩悩から解き放たれたいが、欲望があるから頑張れる。仕事も恋愛もお金儲けも。その欲望で人間は苦しむけれど生きる力にもなる。人生はいつも無常で矛盾に満ちている。○幸せは笑顔に集まる。などなど。

 ところで、第三章の対談中、井上荒野さんとのヤリトリは読み逃せません。だって井上さんのお父さん(作家の井上光晴さん)は、瀬戸内さんの恋人だった方で、出家する直接要因になった男性です。そんな二人の対談です。ドキドキしてください。