2017年12月11日月曜日

仙北市議会一般質問の答弁概要①


 今日から市議会一般質問が始まりました。4名の議員の質問で、特徴的だった質疑の内容をお伝えします。

〇佐藤大成議員  
  近年の小水力発電の研究を見ると、今後は大きな産業振興になるのではないかと期待している。鎧畑発電所のみでなく、市内各所で可能ではないか。仙北市としての考え方を伺う。

【市長答弁】
 仙北市の水力発電は、秋田県内全ての水力発電の出力中45パーセントを占めている。県内有数の水資源に恵まれている仙北市だからこそ、私も1期目のマニフェストで新エネルギー・再生可能エネルギー、特に小水力発電の開発を目指した。平成24年から「奥羽山系仙北平野水資源利用調査研究会」(大仙市・美郷町・仙北市)で研究活動を続けてきたが、その中から市内で初の民間電力会社「仙北水力発電株式会社」が立ち上がり、来年2つの水力発電所をが稼働させる準備が進んでいた。
 しかし昨年10月中旬、突然に東北電力から「送電設備の容量が足りないため、大規模な増強工事の必要があるので電力の受け入れは保留する」との発表があり、本事業は進みようのない状況だ。昨年12月と今年5月に東北電力本社を訪ね、何とか打開策を探ったが改善が見られない。


〇伊藤邦彦議員
 かつて仙北市病院事業の責任者として着任いただいた宮川先生は、その在職中「1自治体で2つの病院経営は無理三昧」だと話されていた。この宮川先生の忠告に当局はどう対応してきたか。

【市長答弁】
 伊藤議員が指摘した宮川先生の発言は、どの場面でのお話しだったか。少なくとも私はそのようなお話を先生が公の場でされた記憶はない。先生は全国自治体病院連絡協議会の副会長だった方で、先生を仙北市でお願いする段階では、確かに全国的には1自治体1病院が理想との議論があることは聞いた。しかし仙北市に着任いただいた後は、広大な行政面積だったり、地域特性をご理解いただき、田沢湖病院・角館病院の2病院を機能分担させ、存続を図ると言う共通認識に立って陣頭指揮にあたっていただいた。両病院とも苦しい運営だが、例え不採算部門であっても地域医療を担う宿命を全うしたい。


〇平岡裕子議員
 学校旧祝の無償化に取り組む自治体が増える傾向にある。実施には財源の確保が難しいと以前も答弁があったが、給食費の未収金徴収に取組みながら、無償化を考えてみてはどうか。

【市長答弁】
 特に成長期にある子どもにとって、健全な食生活は健康な心身を育み、将来の食習慣の形成に大きな影響を及ぼす。給食は極めて重要な行為ととらえている。仙北市では、子ども達の保護者から児童1食283円、生徒1食319円の負担をいただいている。要保護・準要保護児童生徒修学援助費支給制度で給食費を支給する制度は実施済みだが、多子世帯への減額だと、例えば第3子以降だと現状では小・中学校に115人の在籍がある。さらに全世帯を対象に給食費を無償化した場合は、年間で1億円を超える財源が必要になる。私は、家庭の経済状況で給食費が払えないのではなく、保護者が自分の趣味や娯楽の支出を優先し、その結果として給食費を支払わないと言うことを許すことができない。保護者が子どもへの支出責任を果たし、それが未収金の整理へとつながる状況を確認したい。


〇高橋豪議員
 子育て支援・結婚支援・定住支援について、さらなるメニュー拡大を求めたい。この4年間でどのような政策を実施するか。

【市長答弁】
 子育て支援では、在宅保育事業を強化したい。これまでの子育て支援は「家庭の経済負担を軽減する」考え方だが、これを「子どもたちを支援する」考え方に改める。また放課後児童クラブでは施設整備も急ぎたい。結婚支援は来年度から「幸せのキューピット隊」を委嘱したい。民間企業等で営業を担当している方々50名程度を想定している。ひと昔前のお節介おばさん・おじさんのイメージ。移住定住推進では空き家活用の制度も拡充する。空き家情報はもちろん、周辺の利用可能な農地や自然環境、伝統文化もセットでお伝えする手法を検討している。空き家を登録した方には、売買の成約時点で家屋内の不用品を処理する経費の助成なども進める。

2017年12月10日日曜日

日本タウン誌・FP大賞でD-PRESSが最優秀賞!



 秋田県南地区でお馴染みのフリーペーパーD-PRESSが、12月2日に開催された“日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017”(後援:内閣府・経済産業省・農林水産省・観光庁・日本観光振興会)の観光部門で、みごと日本一の最優秀賞に輝きました。


 D-PRESS(発行は仙北印刷所)は、毎月20日発行の月刊フリーペーパー。最優秀賞を受賞した9月号は、角館のお祭りを特集していました。地元のお祭りを丁寧に取材し、同時に「お祭りをもっと知りい」と思わせる編集が高く評価されました。表紙のデザイン、誌面の写真も美しく、地元でも評判になった特集号で、たぶん手元に置いて見返している読者も多いかと…。


 ユネスコ世界遺産に登録された、角館祭りのやま行事自体の魅力はもちろんですが、編集スタッフの努力、お祭り関係者の協力が、今回の日本一受賞の大きな要因になったと思います。
 本当におめでとうございます。

2017年12月9日土曜日

質問の答弁を準備中です



 来週から、市議会は議員質問が始まります。市民代表の皆さんからいただく質問です。できる限り正確に、前向きに、しっかりと私の思いをお伝えするために、ここ数日かけて準備を進めてきました。が、平日だけでは間に合いません。この分だと明日も…。


○11日(月曜日)
10:00~ 佐藤大成議員
       伊藤邦彦議員
       平岡裕子議員
       高橋 豪議員

○12日(火曜日)
10:00~ 阿部則比古議員
       田口寿宜議員
       八栁良太郎議員
       安藤 武議員



 さらに13日(水曜日)からは、議案質疑や委員会審議と続きます。皆さん議会の傍聴をお待ちします。

2017年12月5日火曜日

新たな観光圏づくり



 JR東日本やJR北海道、それに函館市・弘前市・仙北市ほか内外市町11自治体が参加して、函館・津軽・秋田広域観光推進協議会が発足しました。


 この協議会は、JR東日本秋田支社の菊地正支社長が提案したもの。今年3月に立ち上げた3D連携プロジェクト(北海道函館市・大館市・仙北市)を拡大し、北東北と北海道を結んだ新たな観光圏づくりの布石です。参加自治体は、函館市・弘前市・秋田市・能代市・横手市・大館市・男鹿市・大仙市・北秋田市・仙北市・小坂町。
 
 私は協議会設立に向け、菊地支社長に次の提案をしました。「平泉町など岩手との連携も欠かせません。国際化が進む仙台空港も大切な存在です。JRとして、この協議会への参加を呼びかけてください。各地の港湾もあわせ、鉄路に限らず、空路も海路もどんどん取り込んで、奥の細道を返上しましょう」と。菊地支社長は既に動いています…。


2017年12月1日金曜日

市議会定例会がスタート



 10月の選挙以降、はじめての市議会(12月定例会)が昨日からスタートしました。会期は12月22日まで。私は冒頭の市政報告で、今後4年間のまちづくりに向け、次のようなお話をしました。


 「選挙戦では、行く先々で市民の皆様から多くのご意見をいただき、大変に有り難い経験をさせてもらいました。市役所がもっと市民に寄り添う存在だったらと悔しさが込み上げるお話、大雨被害の地域では厳しいご指摘を幾つも頂戴しました。また8年前(前回は無投票再選)は明かりが灯っていた住宅に人の気配がなかったり、既に崩壊しかけた住宅、荒れ果てた田畑など、市が抱える課題を目の当たりにしました。一方で当時の中学生が元気に仕事をしていたり、グラウンドの子ども達から声援をかけてもらったり、赤ちゃんを抱いたお母さんや走り寄ってきたお婆ちゃんから嬉しいお話を聞いたり、明るい未来を予感した場面にも遭遇できました。本当に多くの皆様の思いを受け止めることができました。向こう4年間でお示しした公約の達成、抱えた課題や手がけた仕事に答えを出し、人を育て、まちを育てます」と。


 平成28年度決算の認定では、本当に残念ですが議会の判断は不認定でした。理由は市税の収入率が低いこと、田沢湖クニマス未来館での設計違算問題、給食費の滞納が多いことなどが主な理由でした。来年度は税等の収納対策を強化するため、収納推進課(仮称)を新設することをお話ししました。もちろん税金等の徴収能力を高めるだけで、課題が解決するものではありません。経済活動の活発化を同時進行しないと…。

2017年11月30日木曜日

全県新人駅伝で角館中学校が大活躍



 写真の男子は、仙北市立角館中学校陸上部キャプテンの渡邊大成さんです。第7回全県中学校新人駅伝競走大会で初優勝した報告に来てくれました。スゴイ!。おめでとう!。


 大会は11月11日、県立中央公園内周回コース5区間(15.1㎞)で実施。男子部門に全県から47チームが参加する中、角館Aチーム(渡邊大成さん・伊藤廉さん・戸澤翔さん・古郡愛斗さん・高貝拳汰さん)が、50分33秒で見事優勝を果たしたもの。このうち、古郡さんと高貝さんは、それぞれ4区と5区で区間賞でした。また女子部門4区間(9.4㎞)でも角館中学校は大活躍で、角館Aチーム(戸村ふうかさん・青柳紅愛さん・伊澤遙佳さん・三浦葵さん)は第5位に入賞しています。


 実は角中陸上部は、大会シーズンに各運動部などから選手を集めて組織される部です。それでこの戦績は本当にスゴイ。
 子ども達は大活躍です。
 大人も負けないで頑張ろう!。

2017年11月26日日曜日

国境も年齢も身長も飛び越えて…


 JICA2017アフリカ青年研修団22人とのお別れ会で…。一行は約半月に渡る日本滞在で仙北市にお越しをいただき、昨晩は市内6軒でファームスティ体験でした。滞在先の子どもが彼のそばから離れません。友情は国境も年齢も身長も簡単に飛び越えます。

 アフリカのフランス語圏13国からの参加でした。皆さん各国の政府関係者で、次代の国家を背負う若者です。「来る前、秋田・仙北にはほとんど期待していなかった。しかし今は違う。日本に家族ができた。ありがとう」と、多くの方々からお話をいただきました。お別れ会で一緒に食事をとり、歌を歌い、そしてダンスを踊りました。「こんなシンプルな時間が人生の喜びかな」みたいな気持ちになれました。

 仙北市は小さな国際文化都市を目指しています。今日は同時進行で、別プログラムの外国人交流活動も行われています。こんな日常が当たり前になったら本物です。