2019年12月9日月曜日

仙北市議会12月定例会の一般質問①



 仙北市議会の12月定例会は、今日から一般質問が始まりました。初日は髙橋豪議員(蒼生会)、武藤義彦議員(〃)、小木田隆議員(市民クラブ)、熊谷一夫議員の4氏です。特徴的な質疑を概要版でお知らせします。


【髙橋豪議員(蒼生会)】
Q.仙北市の2つの病院は、先ごろの厚生労働省が発表した再編病院424病院には含まれてはいないが、厳しい経営が続いている。公立病院の現状と今後、病後児保育の対応は。
A.厳しい経営が続いている。2つの病院を今の姿のままで続けることには無理がある。しかし、市民に寄り添う医療が仙北市の医療の目指す姿で、この考えに一片の揺るぎもない。医療の再構築を進める。既に病院自らが抜本的な経営の見直し作業に入っている。市は全力で改革を支え、協議を加速する場の拡充と強化、工程管理の組織や人事の検討に着手した。病後児保育については、病院・診療所等をベースにできる限り早く実現したい。



【武藤義彦議員(蒼生会)】
Q.災害対策について伺う。ハザードマップの周知が不足していないか。自主防災組織の組織化が遅れていないか。市役所職員の消防団入団を進めることはできないか。
A.ハザードマップについては、秋田県が玉川と桧木内川の最大浸水想定域を見直したり、土砂災害警戒区域を新たに盛り込んだりしている。来年度に新マップの作成に取りかかりたい。自主防災組織は現在33組織で、計画の40組織を下回っている。防災対策は喫緊の課題で、地域に在住する市役所の職員に立ち上げ支援を担ってもらう仕組みをつくる。消防団の入団については、市としても積極的に入団促進に関わりを持ちたい。


【小木田隆議員(市民クラブ)】
Q.令和2年度の当初予算編成は大変に厳しいものになると思う。大型事業が続き、交付金は削減され、財政の健全性は維持できるのか。
A.来年度当初予算は、既存事業の廃止、統合・縮減も含めて、歳出に徹底して切り込む。現状で歳入歳出の不均衡額は約50億円で辛い査定だ。予算編成は事前に廃止を検討する30事業、統合・縮減を検討する110事業を洗い出し、それを議論の踏み台にしている。それを全てカットしても届かない。一方で庁舎建設、給食センター建設、会計年度任用職員等の費用は確実に計上しないといけない。その上で健全化を維持する作業になる。


【熊谷一夫議員】
Q.兵庫県の丹波篠山市を視察した。獣害対策が大変だと聞いたが、ジビエ料理の原料としても活用していて喜んでもらっているという。仙北市でもそんな対応ができないか。
A.これまでの仙北市の対応は、クマ被害を防止することが最大優先課題になっている。近年は有害駆除で命をいただいたクマの有効活用が話題になり、加工施設建設に対する応援を財産区や市で行った。猟期が始まっていて加工施設での処理はクマ1頭と聞く。来年はスタート時点から市内全域の有害駆除の処理を行うと聞いている。クマ肉の活用について、既に市内3事業所から引き合いがある。ふるさと納税の返礼品に加える準備も進めている。


2019年12月8日日曜日

帰ってきた青春と文化祭


 2020年の上半期…、牡羊座は「ブチギレのあなたに見える新しい景色」、牡牛座は「私は100℃、あなたの温度は何℃?」、双子座は「人生のつくり直し」…、しいたけさんの占いは独特です。

 ファッション情報を発信するVOGUE GIRL。その占いチャンネルで大人気のしいたけさん。当たると評判(私の周りにもいるいる)で、少し難解です。表現が独特で読み過ごしできません。私は獅子座ですが、しいたけさんの占いでは、来年上半期は「帰ってきた青春と文化祭」です。この言葉使い、かなり気に入りました。青春ドラマのような上半期、そしてオモチャ箱をひっくり返す文化祭…。勝手にワクワクドキドキな仙北市をイメージしています。

 でも、いったい何が起こるんでしょう。

2019年12月6日金曜日

出前まちづくり懇談会って?


 夕方から年内最後の「出前まちづくり懇談会(まち懇)」。今回のテーマは田沢湖神代地区の市道改良です。地域の皆さんから様々なアイディアをいただきました。ありがとうございました。

 まち懇は、グループ有志の会から町内会の総会まで、ご要望のテーマで市の取組みや将来構想などをお話し、一緒に仙北市のまちづくりを考える懇談会です。私、それにテーマに関係する部局職員が皆さんの指定する会場にお伺いします。日程調整に多少の時間が必要ですが、これまではリクエストに必ずお応えできています。平日に限らず、土・日・祝祭日も可能な限り対応しています。お気軽にご用命ください。

 お問い合せなどは下記まで。
〒014-1298 秋田県仙北市田沢湖生保内字宮ノ後30
仙北市役所総務部総務課
電話:0187-43-1111
https://www.city.semboku.akita.jp/government/mayor/matidukuri.html

2019年12月5日木曜日

12月9日の「帰れマンデー見っけ隊!!」は…


 テレビ朝日の「帰れマンデー見っけ隊!!」、9日の「秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅バスサンド」で、仙北市が登場します。皆さんご覧ください。

 今回、サンドウィッチマンさんと一緒に仙北市を旅するメンバーは、Perfumeのかしゆかさん、若手俳優の成田凌さん、いとうあさこさん、です。私は撮影当日、欧風レストランKAEDE(田沢湖)でロケ隊を偶然お見かけしました。ここでグランビアの生ハム感謝祭が開催中でした。

 小雨の中、サンドウィッチマンさんなどが、子ども達と楽しそうに道路を歩いている姿をお見かけしました。目的地は乳頭温泉郷だったんですねぇ。そしてゴールは…。

今年も「サンタが俺らほさやってくる!」



 昨年初めて開催し、大・大・大好評だった「サンタが俺らほさやってくる!Xmasファミリーコンサート」。やったあ!、今年もサンタが仙北市にやってきます。皆さんのご来場をお待ちしています。


 仙北市出身のアーティストなどで立ち上げた実行委員会(ha-jさん・吹谷禎一郎さん他)が主催です。ゲストも多彩で、大木彩乃さん、酒井ミキオさん、藤田ゆうみんさん、ウタトエスタジオさん、石田洋介さん、出口たかしさん、渡辺純也さん、能美新さん、新谷健介オノマトペさん…などなど。昼の部は子ども向け、夜の部は大人向けで、全席自由です。
●日 時 12月23日(日)
 昼の部 開場12時 開演13時
 夜の部 開場18時 開演18時30分
●会 場 角館樺細工伝承館
●入場料 昼の部→予約したら誰でも1,000円
                  当日券は大人も子どもも1,500円
         未就学児は膝上無料
                 夜の部→予約した大人(中学以上)は1,500円
         予約した子どもは1,000円
         当日券の大人は2,000円
         当日券の子どもは1,500円
         未就学児は膝上無料
※詳しくはWebで。


2019年12月3日火曜日

子ども達と水素社会の未来



 東北大学大学院環境科学研究科と生保内中学校3年生の皆さんが、玉川温泉の温泉水と廃材アルミニウムを反応させ、二酸化炭素を出さずに水素を生成する実験を行いました。


 子ども達は、地元の温泉から水素が生成されることや、その水素で発電した電力が発光ダイオードを点灯させる実験に興味津々の様子でした。この後、会場を中学校から開発センターに移動し、実験の成果や生成した水素の活用法などについて、市民報告会が開催されました。同研究科長の土屋範芳教授からは、この電力を小型ドローンの燃料に活用するなど活用手法の提案もありました。


 国では、二酸化炭素の排出量を2050年に80%まで削減する目標を立て、最終的には温室効果ガス“ゼロ”の「脱炭素社会」を実現するとしています。これは相当にハードルの高い目標です。子ども達が社会のリーダーで活躍している未来に、水素社会が実現できるかどうか…、全く今の大人の本気度にかかっています。

2019年12月1日日曜日

ガンバレ上小阿仁!、ガンバレ自動運転!


 上小阿仁村では、昨日から自動運転の実サービスが始まりました。役場や診療所などを結びます。過疎地の移動手段確保で大きな一歩です。ガンバレ上小阿仁!、ガンバレ自動運転!。

 国土交通省が主導し地元NPO法人が運営するそうです。ヤマハ製の7人乗りEVが、電磁誘導線の埋め込まれた道路上をなぞって走行する仕掛けで、全く不安感がないとの報道にワクワクしています。4キロの区間を1回200円の運賃で走るそうです。私も早く乗ってみたい!。この成功事例が全県・全国に広がって、過疎地でも、また免許を返納した高齢者などが不安なく住み続けることができるよう、そんな公共交通機関に育って欲しいと思います。

 神奈川県相模原市では、SBドライブ(SoftBank系)が新たなシステム開発を進めています。素晴らしい取組みが続いています。仙北市では3年前、日本で初めて公道で自動運転バスの運行サービス実験を実施し、現在は市内の特定地域で自動運転のデータ取得に取組んでいます。自動運転の技術は実用化レベルと聞きます。法制度の整備や民間事業者の確保などを加速しないと…。