2019年4月19日金曜日

おめでとう内陸線30周年!


 平成元年4月1日、秋田内陸南線と北線が鉄路で結ばれ、秋田内陸縦貫鉄道が全線開業しました。そして時は流れ…、今日は秋田内陸線の全線開業30周年記念式典でした。

 私は来賓祝辞で、「内陸線の取締役の一人としても、皆さんには感謝の思いでいっぱいです。30年前の全線開業日、私は西木村役場の広報担当者で、鷹ノ巣まで取材に行ったことを思い出しています。鷹ノ巣駅前の商店街の皆さんには、県南からも遊びに来てねと言われました。今は国外からも多くの観光客をお迎えしています。10年ほど前は廃止議論が広がりましたが、秋田駅から県庁まで、沿線住民が結集した存続パレードを行いました。あの情熱と行動力で、今後もご支援をお願いします。もう一つ、国道105号の整備議論が進んでいます。リダンダンシー・冗長性の確保からも、鉄路も道路も両方が必要です。頑張りましょう」と。

 式典後、石破茂・衆議院議員を講師に特別講演がありました。演題は「ローカル鉄道と地方創生」です「鉄道を廃止した地域が活性化した例はありません。地域を守る行動が鉄道を守ることに繋がります」とのお話しが印象的でした。

クニマスの追加貸与で30尾



 お願いしていたクニマスの追加貸与が決定しました。ありがとうございました。今回は30尾と前回(平成29年)の3倍です。このうちの15尾が4月25日、田沢湖クニマス未来館に移送され展示がスタートします。


 山梨県水産技術センターでは、増殖技術の研究が進み、人工ふ化の成功率が格段に向上しているそうです。同センター忍野支所の皆さんの熱心な取り組みが目に浮かびます。ところで今回貸与いただくクニマスは1歳魚で、全長は13㎝~15㎝。元気な到着を心待ちにしています。


 残りの15尾は北秋田市の秋田県水産振興センター内水面試験池で飼育予定です。
※写真はUTYテレビ山梨のニュース映像


2019年4月18日木曜日

未来は希望でできている



 昨日の部課長等会議で、次のようにお話をしました。「未来は何でできていますか?。未来は不安や批判でできていますか?。違います。未来は希望でできています」と。


 同会議の直前、新・角館庁舎の電子入札会が不調だったとの報告を受けました。前回3月7日に続く不調です。しっかり現状の精査を行い、検討を深め、できるだけ早期に3回目の入札会ができるよう、準備を進めます。「未来は希望でできている」は、入札の不調もあって、自分に言い聞かせた言葉だったのかも知れません。


 早く市民の皆さんに朗報をお届けしたいです。
※刺巻湿原のミズバショウは見頃です。


2019年4月13日土曜日

角館の里山再生でNPOが誕生


 仙北市角館地域の全山「癒しの里山へ」をコンセプトに、NPO法人・角館里山再生プロジェクトが誕生しました。その設立総会に参加し心が熱くなっています。皆さんもご参加ください。

 同プロジェクトは、定款に次の設置目的を明記しました。「みちのくの小京都角館と呼ばれる城下町での、森林公益性と豊かな伝統を確認し、地域市民、企業、行政のパートナーシップのもとで、城下町の森林・里山という特異性を持つ地域の森林・里山環境保全、育成、再生等を通じて循環型地域社会の実現、並びに都市と地域の交流を図ることを目的とする」。実はNPO法人の設立以前から、角館まちづくり地域運営体が、古城山など里山再生活動に熱心に取り組んできました。「地域運営体の活動が、NPO法人設立の温床になりエネルギーになった」と、NPO法人の小林郁男理事長が話していました。

 さっそくですが4月25日、「第1回里山自然観察会」を開催するとのこと。集合は古城山公園駐車場、集合時間は8時30分。ホームページなどで確認ください。
https://npo-kakunodate.com/

2019年4月11日木曜日

エネルギーの地産地活を目指して


 東北大学の青葉山新キャンパスで、「エネルギー価値学創生研究推進拠点キックオフシンポジウム」。仙北市と包括協定を結ぶ同大学の研究者等と、特区や玉川温泉の水素活用手法などを探りました。

 基調講演は3名。私からは仙北市の現状や特区の取り組みを、産業技術総合研究所の中岩勝・所長は、同研究所の研究内容や大学連携の実態を、内閣府の蓮井智哉・参事官は、特区の今後の展望をお話ししました。また、続く講演では7名の研究者が登壇し、先端エネルギー材料や低炭素化エネルギーシステム、台湾とのジョイントラボ活動などについて発表がありました。どれも本当にワクワクする発表でした。

 お世話になっている土屋範芳教授(環境科学研究科長)は、「エネルギー価値学創生研究推進拠点は、東北大学を横断した全学的組織。破壊的イノベーションと社会実装が大きな特徴。これを一日も早く地域で実運用できるようにしたい」と話していました。破壊的イノベーション、ワクワクを通り越してクラクラするほど魅力的な言葉です。

2019年4月10日水曜日

エフエム秋田で花紀行をアピール


 エフエム秋田のnews mixキャッチ・ザ・タウンで、「あきた花紀行2019」をアピール。田沢湖刺巻湿原のミズバショウ、西木町八津・鎌足のカタクリ、角館武家屋敷のシダレザクラと桧木内川堤のソメイヨシノの見ごろは…。

 田沢湖刺巻湿原のミズバショウは、4月7日(日)~5月5日(日)までの期間。既に咲き始めています。今年は25周年年事業で「芭蕉の森のキャンドルナイト」を特別開催。5月4日(土)19時15分からは、大木彩乃さんのコンサートも。西木町八津・鎌足のカタクリは、4月20日(土)~5月3日(金)までの期間。日本最大のカタクリの花園です。アクセスは秋田内陸縦貫鉄道が便利ですで、八津駅が最寄りです。角館武家屋敷のシダレザクラと桧木内川堤のソメイヨシノは、4月20日(土)~5月5日(日)までの期間。シダレザクラの咲き始め予想は21日、ソメイヨシノは23日。4月いっぱいは見頃が続くと…。夜桜観桜会の環境づくりで、ライトアップの延長を倍増。ゆっくりお楽しみいただけます。

 ラジオパーソナリティーが藤田ゆうみんさんで、お話ししやすかったです。ありがとうございました。

2019年4月6日土曜日

今日からQRコード付き名刺で


 名刺にQRコードが付きました。総務課職員の手づくりです。右下のQRコードを携帯で読み取ると、仙北市のふるさと納税サイトにアクセスできます。

 仙北市のふるさと納税額は、平成30年度で約1億5千万円。清浄な水と大地が育てたお米、世界で評価される地ビール、人気が絶頂の乳頭温泉などペア宿泊券、角館ちまき、樺細工、田沢湖天然はちみつ、夢牧場の和牛サーロインステーキ、虹の豚セット…、どれもが好評です。今年度は2倍の3億円が目標です。

 それにしても…、名刺にQRコードを印刷するって思いつかなかったなあ。職員のアイディアはすごい!。この名刺で頑張ります。