2021年2月26日金曜日

水素エネルギーの地産地活


 先日の勉強会・展示会は刺激的でした。玉川温泉水から水素を生成する実験、温泉水に溶け込んだレアメタル、水素自動車の試乗…。これらの取り組みで水素エネルギーの地産地活、そして脱炭素社会の歩みに貢献できたら嬉しいです。

 仙北市は東北大学と連係協定を締結し、玉川温泉水からの水素生成やレアメタル活用、学校教育への支援など協働で行っています。同大学院の土屋範芳教授からは水素生成技術の現状報告、その課程で田沢湖の中和処理を加速できるかも知れないと…。さらに温泉水に溶け込んでいるレアメタルの種類、下流域に形成された人工鉱床などにも言及しました。東光鉄工(株)の鳥潟興明シニアマネージャーは、水素ドローンの実験成果を映像で報告。技術開発は日進月歩です。

 秋田トヨペット(株)の百目木宣顕グループリーダーからは、燃料電池自動MIRAIの説明、そして展示試乗を行いました。地道な取り組みこそ産業構造を一変させる近道です。
※写真は玉川温泉の大噴など。


2021年2月25日木曜日

聴覚障がい者に優しい観光マップ


 聴覚障がい者のための観光マップを作ろう会(小松龍子代表)が、「田沢湖・角館・西木耳マーク観光マップ」を発刊しました。おっ、これは良いマップです!。

 マップをお届けいただいたのは、小松龍子代表と永井慎吾副代表、小田島広仁事務局長、そして活動を応援してくれた秋田県南部市民活動サポートセンターの高橋茂理事です。皆さんは昨年も2種類のマップを製作し、たくさんの方々に活用をいただいた実績があります。今回のマップはそれらを一冊にまとめ、さらに耳マークの普及・掲示、筆談できる場所を大幅に増やし初版2000部を発刊したそうです。小松代表は「ワークショップや勉強会、事業所へのお願いなどでも、市民の応援と理解が広がっていること感じました。おかげ様で聴覚障がいの方だけではなく、耳の遠い人にも使ってもらえる便利なマップを作ることができました」と話してくれました。

 この活動で、市内に約160ヶ所の聴覚障がい者等支援拠点が実現した思いです。市民はもちろん、観光で訪れる皆さんにも優しさはきっと伝わります。

2021年2月24日水曜日

AIUインターン生の活動報告会



 仙北市内でインターン活動を行った国際教養大学生(AIU)が会し、それぞれの活動報告やパネルディスカッションを行いました。皆さんからは宝物の発言が続出です。

 現在、(株)安藤醸造に篠木春菜さん、(株)田沢モータースに伊勢悠希さん、堀内智行さん、(株)わらび座にダウルバエバ・カリーナさん、金井美沙紀さん、杉山穂乃佳さん、仙北市役所に中尾智さんが着任しています。仙北市とAIUは7年前に連携協定を締結し、これまでも様々な活動を協働で行ってきました。今回のインターン活動は、コロナの世界感染で留学できなくなった生徒が多数参加した初の取り組みです。各企業・市役所も、ただの職場体験ではない、これまで抱えてきた課題解決の機会と考え、もちろん成果も期待しています。今日はその経過を報告し合った会でした。これから皆さんの耳に入るニュースがたくさんありそうです。ご期待ください。

 また第2部では、仙北市の地域おこし協力隊員・東風平蒔人さん(AIU卒業生)をコーディネーターに、インターン生同士で議論するパネルディスカッションを実施。「仙北市の魅力は観光素材とそこに暮らす人々の営みだ」、「素材は豊富だがアピール力が不足している」、「公共交通などの移動手段が貧弱」、「和式トイレの改修に市が応援できないか」、「大人の修職旅行の提案」…、どれも心が動く発言でした。この模様はYouTubeで配信されました。
 受け入れをいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

2021年2月22日月曜日

コロナ禍から市民を守る予算案


 一般会計204億5千万円、特別会計約80億2千万円、企業会計約86億6千万円の当初予算案、また条例改正案や人事案件などを審議する市議会がスタートしました。

 私は施政方針で、「令和3年度は全職員が最大努力を傾注し、市民の健康と生命と生活を守ることが基本政策です。あわせてSDGsの理念にある誰一人取り残さない姿勢を堅持し、政策実現に向けチーム仙北で取り組みます。当初予算案は先ずコロナ禍から市民を守ることを主眼に、状況の変化やポストコロナ時代への転換にも即応できるよう、予算規模の縮減を図るなど財政の機動力確保に注力しました。さらに総合計画や総合戦略の後期計画初年度として、その施策の実施を担える予算となるよう各種の市民団体にもご協力をいただき予算づくりを進めました」とお話ししました。

 なお市政報告では、除雪・排雪経費で1億4千万円の補正のお願い(本日可決)、暴風雪の被害状況、西木庁舎の改修工事(進捗率65パーセント)、保育園等の入園申込み状況、角館こども園の令和4年度の法人化、市プレミアム商品券の換金額が約3億9千万円だったこと、JR東日本秋田支社と新幹線物流の本格協議が始まったことなどもお知らせしました。市議会の会期は本日から3月19日までです。
※市政報告・施政方針の全文をご覧になりたい方は、
https://www.city.semboku.akita.jp/government/mayor/siseihosin.html
※田沢財産区管理会委員で千葉栄幸さん、藤原修さん、羽根川覚さん、千葉恒昭さん、固定資産評価員で倉橋典夫さんの議会同意を、人権擁護委員で竹田幸博さん、佐藤よし子さんの議会推薦をいただきました。

2021年2月21日日曜日

ライブ配信で国際ドローン映像祭


 仙北・インターナショナルドローンフィルムフェスティバル(以下IDFF)を開催。国内外から75作品のエントリーをいただき、山田義郎さん(三重県)が出品した「Stars on the ground “yokkaichi city”」がグランプリに輝きました。

 IDFFは仙北市が2018年からスタートした国際ドローン映像祭です。コロナ禍の開催でCNA秋田ケーブルテレビ(秋田市)からライブ配信を行いました。この4年で国内屈指の空撮映像コンテストに成長できた要因は、イノマタトシさん(映像作家・IDFFでは審査委員長)や請川博一さん(ドローンパイロット)、国・県の支援など、関係者の熱意で本当に感謝しかありません。

 特別企画も盛りだくさんです。劇団わらび座が制作したオリジナル舞台動画は、市がドローンに取組む狙いを分かりやすく伝えてくれました。その劇中で看板俳優・戎本みろさんが仙北市長役を演じていて本当に素敵でした。

2021年2月20日土曜日

角館の雛めぐり始まりました


 今日から角館の雛めぐりが始まりました。期間は3月7日まで。町内に代々受け継がれてきた享保雛や古今雛の古雛、 押絵雛や土人形などをご覧ください。

 会場は旧町内30ヶ所以上に分散しています。パンフレットやSNS情報で場所を確認しながら、お雛様を訪ねる町歩きもお楽しみください。昨年までメイン会場だった仙北市商工会1階のかつらぎは改修工事中で、今年のメイン会場は角館岩瀬町にある角館まちづくり地域運営体事務所まち角です。

 お雛様シーズンでなければ味わえない雛御膳や雛弁当・甘酒、春を感じる美味しい洋菓子・和菓子、樺細工や小物がオシャレなお土産、大手化粧品メーカーとのコラボ商品…、皆さまのお越しをお待ちします。
※お問合せは仙北市商工会角館本所☎0187-54-2304、仙北市観光情報センター角館駅前蔵☎0187-54-2700などへ。

2021年2月17日水曜日

新幹線を活用して…


 JR東日本秋田支社を訪ねました。新幹線を活用した物流サービスは具体の協議を始めます。

 JR東日本執行役員の木村英明・秋田支社長はじめ、支社幹部の皆さまにはお忙しい中お時間をいただきました。同社と仙北市は2019年に「観光まちづくり」の連携協定を結び、これまでも人事交流や共同企画の実施、JR新ブランドホテルわのゐ角館のオープンなど多くの連携事業があります。今回の訪問では、先ず先日の地震災害のお見舞い、そして早期復旧のお願いをしました。また新幹線を活用した市産食材など物流サービスは具体協議を始めることにしました。あきた新幹線・田沢湖~角館区間の市民活用は、キャッシュレス・チケットレスに連動できるか課題がありそうです。

 4月~9月実施予定のJRデスティネーションキャンペーンでは、JRが角館エリアで観光Maasサービスを行うこと、さらに角館の桜まつりや協賛事業企画のこと、その他にも多くの協議を行いました。ありがとうございました。
※写真は仙北市産で鮮度が売りの食材例。