2020年7月14日火曜日

Go To キャンペーンのこと



 首都圏等でコロナ感染者が増加する中、仙北市内の皆さんから「国のGo To キャンペーンは本当に大丈夫か」と心配の声が届いています。

 昨日は管官房長官が、「旅行者には3密回避にご協力をいただきながら、予定通りにキャンペーンを実施する」と記者会見しました。同キャンペーンは、①Go To Travel キャンペーン(旅行代金等を補助)、②Go To Eatキャンペーン(飲食代金等を補助)、③Go To Eventキャンペーン(イベント代金等を補助)、④Go To 商店街 キャンペーン(商店街支援等)の4本柱で、旅行代金の最大5割(上限は1人1泊あたり2万円/日帰り旅行は1万円)が国から補助されるもの。総事業費は1兆6,794億円。7月22日から旅行代金の先行割引を段階的に開始し、7月27日以降は、旅行業者・予約サイトなどで準備が整った事業者から、割引価格で旅行プランの販売が始まります。またJR東日本は7月下旬から、新幹線の運賃と特急料金の半額サービス「お先にトクだ値スペシャル(乗車券付き)」を発売するなど、国内旅行へのテコ入れが続きます。一方で、ここ数日の首都圏等の感染状況で、今は旅行に出たくないと思っている皆さんが70%を超えるとのデータもあります。

 仙北市内の観光関係者は、「Go To キャンペーンはありがたい支援策。しかし首都圏等の感染対策を先ず何とかして欲しい」と話しています。市の感染対策や医療拡充には限界もあり、このタイミングでのキャンペーン実施は不安です。経済再生には何より感染対策の徹底こそが有効だと思うのですが…。

2020年7月13日月曜日

クマに気を付けて!



 今日午前、続けて2件のクマ被害を入電。1件は秋田駒ヶ岳の8合目付近登山道でクマの襲撃に遭い、2人の男性が大ケガを負った模様。もう1件は秋田内陸縦貫鉄道の列車とクマの接触事故です。

 ケガ人は秋田市と仙北市の男性で、いま救急車とドクターヘリで救助・搬送が行われている模様。列車接触事故については、西木町長戸呂駅と八津駅の間で発生との一報。ケガ人などの情報はありません。
 7月8日、秋田県はツキノワグマ出没注意報を全県域に出しました(期間は8月31日まで)。6月の目撃件数が198件で、過去10年の平均157件に比べ大きく増加していること、これからクマがエサを求めて広範囲に移動する時期になること、住宅地周辺での目撃が増えていることなどが要因とのこと。


 皆さん、くれぐれもご注意ください。

2020年7月11日土曜日

あきた・いなか学校が開校!


 8月8日から10日の3日間、「あきた・いなか学校withワーケーション」が開校します。会場はあきた芸術村、主催は一般社団法人ハートリレープロジェクト。県内在住のご家族を対象とした短期サマースクールで充実の内容です。

 そのメニューは、シアターエデュケーションなどコミュニケーション研修、自己表現学習、熊本とリモートワークショップ(料理実習)、抱返り渓谷ミニトレッキング、農業体験や薪割り、特区ドローン操縦、VR体験などなど。かなり個性的で刺激的です。ワーケーションはわらび座内のSemboku Complexでサポートします。私はハートリレープロジェクト・わらび座・創生する未来・東北ITbookとのリモート企画会議で、「県内初開校のいなか学校を市内で開校してもらって光栄。ワーケーション(休暇優先の仕事流儀)がプラスされていて、大人も参加しやすい。家族の思い出づくりの場になる」と期待の思いをお伝えしました。

 今回は感染拡大の防止と3密を避けての開催で、県内在住の10人の子どもとその家族に限定して募集とのこと。参加費は昼食付きで子ども1人あたり1日3,000円。宿泊や交通などはご相談ください。詳しくはわらび座の山内晶代さんまで(電話0187-44-3332)。
※仙北市はあきた・いなか学校を応援しています。
※写真はイメージです。

2020年7月10日金曜日

産業祭中止で新たなスタート



 今年度の仙北市産業祭は、コロナの感染防止対策を完全に行うことが困難との判断で、昨日の実行委員会で中止が決定しました。残念です。一方で産業祭のマンネリ化や開催意義について多くの意見をいただき…。

 先ず来年度の産業祭(仮称)の在り方を、今から調査研究することにしました。実はほぼ同じ時期に全県で産業祭が開催されてきたので、実行委員会は他の産業祭を見たことがありません。今年は多くの自治体の産業祭が中止となりそうですが、それでも各地の小規模な収穫祭など見て歩くことにしました。また仙北市の産業祭は農産物などの出展数が減少していること、他団体の類似する行事の現状、商工会や観光協会、JAや森林組合、共済組合など連係の在り方、会場や祭典企画のマンネリ化、スタッフの確保対策、そもそも産業祭の意義などに多くの意見がありました。私は「仙北市は全県一番の観光の町だが、それは農村部や農林業の活力と一体で持続可能になる。市民が集い、農林業の出来秋を共に祝いあい、子どもや若い来場者が仙北市に魅力を見出し、それが後継者の掘り起こしに繋がるような、そんな年に一度の祭典は必要だと思う」とお話ししました。また、数年前、文化祭との合同開催を検討したときは、文化祭は各地で開催するとの方針決定でしたが、再検討が必要ではないかとお話ししました。

 私は、来年度の産業祭(仮称)をどんなカタチで開催するか、今年度の産業祭の中止で新たなスタートをきった思いです。皆さまからのご意見もお待ちします。

※参考資料
最近の産業祭への農産物等出展数

  区分/年度         H27  H29   R1
〇水稲・豆類・雑穀等     22     21    25
〇栗・シイタケ・花き等      24      27     28
〇野菜・イモ類等          322    242   185
〇加工品・漬け物          11     10       4
〇葉たばこ                   14      14     13
〇工芸品・手芸品            26      27     16
     合計        419   341   271

2020年7月9日木曜日

笑う門には福来たる



 午後一番で、大館市の福原じゅんじ市長(右)が仙北市を訪ねてくれました。写真は笑ってお迎えした私・門脇と福原市長のツーショット。これは…「笑う門には福来たる」です。

 5月に仙北市で開催予定だった「地域おこし人サミット2020」(主催:未来を創る財団)を延期した際、同財団のご厚意で福原市長とリモート会議に参加しました。新型コロナウイルスが壊したもの、産み出すかも知れないもの、観光業や農林業の大転換など…、たくさんの意見がありました。この模様は現在も https://youtu.be/9Gl-4U8MluUでみることができます。
 今日も福原市長と一緒に、コロナ時代の広域観光について思いを巡らせてみました。これまで 函館市・大館市・仙北市(仙北市は角館の館で3D)の3D広域連携もその1つ。今回の顔合わせで、協働の観光政策がスタートしそうです。

 福原市長、いつも本当にありがとうございます。

2020年7月8日水曜日

市産アケビなど原料の化粧品発売



 (株)坂本バイオ(秋田市雄和)は、仙北市産アケビなどを原料とした基礎化粧品「ガノ・フェースケアジェル」を、明日7月9日から発売します。

 これまで仙北市産のアケビは、アケビ油(食用)やサプリメントに活用されてきましたが、一般用の化粧品としては初めての商品化です。特徴は、県内産の天然素材を原料に開発されたこと。鹿角霊芝、爛漫酒粕、ジュンサイエキス、リンゴ、モモ、ナシ、キイチゴ、イチジク、そして仙北市産アケビなどから美容成分を抽出しています。化粧水・乳液・美容液・化粧下地を兼ね備えたオールインワンタイプで、その使い心地は「成分たっぷりの化粧水で潤わせてから、保湿クリームを付けた感覚(私にはさっぱり分かりません)なんだそうです。

 販売先などは同社にお問合せください。
・フリーダイヤル0120-38-6904
・mail
order@sakamotobio.com

TOYOTAのウーブン・シティ構想は…



 今日の午前、公益社団法人・経済同友会(東京都千代田区)の皆さまとリモート会議。テーマは「新型コロナウイルスの影響と今後の地方創生」です。私は民間企業との協働で…。

 先ず価値感が一変したコロナ禍で、今後のまちづくりには過疎の優位性が明らかになることをお伝えしました。リモートワークが加速すれば、安全性や居住性、生活物価などで優れた地方に移住も十分あり得ると…。また市の総合計画等の見直しでは、例えば観光指標も年間の入込み客数などではない、満足度など新たな尺度で計画の見直しを行いたいと話しました。さらに企業との協働では、「新商品やサービスの開発は、受け手・消費者と初期段階からの協働が望ましい。例えばTOYATAのウーブン・シティ構想などは、自社保有の土地で未来都市を実現する挑戦で、これは素晴らしい取組みだが、地方のステージで自治体と連係した方が意義は深かった。実サービスを提供するために、住民や行政とどんな摩擦が起こって、意見集約作業に手間取るとか、法的に何を改正しなければいけないかとか、そんな現実を洗い出すことこそが重要だった」と勝手な感想も言わせてもらって…。

 さて、リモート会議が増えています。そんなわけで、庁舎にリモート会議室を開設する準備を進めています。