2019年10月21日月曜日

新幹線を深夜の物流動脈に


 トラック輸送などの自動車運送業界は、長時間労働や低賃金などでドライバーの人手不足が深刻です。そこで農林水産省は、安定した食品流通の新・物流システムを議論する「食品流通合理化検討委員会」を立ち上げました。

 今日の午後、その第1回目の会議が農林水産省でありました。私も産地代表の委員です。他には関係省庁として国土交通省・経済産業省、また民間委員では全国農業協同組合連合会・ホクレン農業協同組合連合会・全日本トラック協会・日本物流団体連合会・日本チェーンストア協会・日本スーパーマーケット協会・三菱総合研究所・富士通・流通経済研究所など、さらに私の他の自治体首長は青森県知事や新潟県知事、愛媛県八幡浜市長などです。私は議論の最後に発言させてもらいました。「生産者は精魂込めて育てた食品をできるだけ高く買ってもらいたいと思っています。それが地域の経済を循環する力ですから。一方で消費者は安くて良質な品を求めています。この2者の中で流通が重要な役割を果たしてきたことは間違いありません。でも人口が減少し高齢化が進み生産地も大変なんです。高速道路から取り残されているけれど、良品を栽培している地方などは特に大変です。高速道路を要望するより今ある社会資本を利用する視点が重要です。鉄道や港湾を高度に活用した物流システムを再度検討のも一手です。例えば新幹線が夜中に物流動脈になったり、バスが貨客混在で走ったり、そんなことも考える時期だと思います」と。

 第2回の会議は11月11日です。さらに地方の実情をお話しし、できれば改善に結びつくアイディアを提案したいと思います。

2019年10月17日木曜日

東北市長会で



 岩手県北上市で東北市長会総会。机上に置かれた市名入りのリンゴに感動しました。総会では台風19号災害に関する緊急決議などが採択されました。私は過疎対策の継続を求める提案を行って…。


 過疎対策の継続を求めた提案理由は次の通りです。「~日本は10年ほど前から人口減少国に転じています。とりわけ地方は地域医療の脆弱化、公共交通の維持困難、耕作放棄地の増加など、地域自体の存続が危ぶまれる状況が続いています。これまで地方が果たしてきた多くの公益的役割、多面的機能を今後も維持し、市民が毎日の暮らしを確保し、住み続けることが出来る持続可能なまちづくりには、過疎対策の継続・充実が不可欠です。しかし現行法は令和3年の3月末に期限切れとなってしまいます。そこで現行法の期限の延長、若しくは過疎地域の振興が図られる新たな過疎対策法の制定を提案します。同時に財源保障機能を伴う過疎対策事業債制度の継続と、必要額の確保について措置を講ずるよう提案します~」。


 その後の研究会で、秋田県庁に勤務経験のある池田達雄さん(現・総務省自治税務局企画課長)から、「地方税制の動向と課題」と題する講話がありました。興味深かった説明は企業版ふるさと納税の活用です。池田課長は、「ぜひ企業版ふるさと納税を活用ください。故人寄付は全国で5千億円を超えるボリュームですが、企業寄付は35億円です。法人関係税の軽減幅をさらに拡大します。企業版ふるさと納税の活用のカギは、自治体トップのリーダーシップ・トップセールスにかかっています」と。はい、頑張ります。

2019年10月16日水曜日

ようこそ仙北市へ!


 写真は、タイ王国車いすバスケットボールチームの皆さん。今日から仙北市内で合宿をスタートさせました。皆さんようこそ仙北市へお越しくださいました。

 同チームは田沢湖スポーツセンターを拠点地に、1週間程度の滞在を予定しています。その間、地元の子ども達との交流や市内観光も行います。6月23日に提携した「2020オリンピック・パラリンピックのスポーツ交流に関する基本合意」の後、4ヶ月で交流メニューがスタートしました。ご尽力いただいたタイ王国オリンピック委員会のチュテナン会長、車いすバスケットボール協会のパタラパン会長、多くの関係の皆さんに感謝を申し上げます。

 仙北市は、最適のトレーニング環境、美味しい食事、温泉入浴などで、同チームのパラリンピック出場を応援します。市内でお見かけした皆さん、お声かけをお願いします。
※写真の一部は2019年1月7日放映のテレビ東京「YOUは何しに日本へ?」より。

まちづくり日記159「それぞれの精いっぱい」



 広報せんぼくに連載中の〝まちづくり日記〟です。本日発行号では、庁舎建設の背景や事業経緯、今後の取り組みについてまとめています。
 
 平成27年6月に示した仙北市庁舎整備基本構想は、合併後の長い議論の結論として、統合庁舎の必要性を明らかにしたものでした。利便性、財政状況、防災、まちづくりなどの視点から多くの検討を重ね、旧角館病院跡地を新庁舎の所在地として選定した内容です。しかし市議会はこの場所に難色を示して独自検討に入り、JR角館駅前の商用地を最適地として選定します。この案は市議会特別委員会では可決、ところが後日の本会議で否決となり、当時に描いた統合庁舎への道筋は閉ざされました。私は、角館庁舎(現庁舎)の老朽化が著しいため、来庁する市民や職員の安全対策が急務と判断し、新・角館庁舎の建設を模索しました。その思いを平成29年4月に示した庁舎整備基本構想に投影しています。それまでの統合庁舎の議論で明らかになっていた人口減少社会への対応、また抜き差しならない財政事情や経済情勢を考えて、将来市民のお荷物にならないよう、できるだけ部署・人員を集約したコンパクト庁舎をイメージしました。皆さんご記憶にある通り、この構想にも百論ありました。しかし市議会にはこれを認めていただき、二度にわたる入札不調を経て、現在、角館交流センター・健康増進センターの一帯で工事が進行中です。この後は、耐震化が必要な田沢湖庁舎(市議会・総務部門)と西木庁舎(教育委員会・各種団体事務局)の改修に着手する予定になっています。



 平成27年に示した構想も、平成29年の構想も、議会や市民の皆さんと徹底議論がありました。庁舎工事は、それぞれの場面と立場で、市民と議会と市が探り出した答えです。でも万全ではありません。何だって手にした答えはいつも未完です。それを理解し、貪欲により良い手法を求め続けることが、成長の原動力になります。庁舎問題に限らず、新たな挑戦には産みの苦しみが付いて回ります。答えに辿り着けたと思っても、すぐ新たな課題に直面します。でも大丈夫。市民の皆さんと一緒により良い手法を探り出せば良いのです。周囲を思いやり、それぞれの立場で精いっぱいを尽くすことが、最善を手にできる唯一です。
※写真は新角館庁舎の建設現場(ドローン撮影:播磨靖之さん)

2019年10月15日火曜日

出前講座「アニメで語るジェンダー」にご参加を



 国民的アニメ(例:サザエさん・ちびまる子ちゃん・クッキングパパ…)から、家族内に潜む性別役割分担など、そのジェンダー観を読み解きます。仙北市男女共同参画出前講座「アニメで語るジェンダー」にご参加ください。


●日 時 10月26日(土)
     13時30分~15時30分
●会 場 仙北市神代就業改善センター
●参 加 無料
●主催等 主催は仙北市役所企画政策課
     共催は秋田県南部男女共同参画センター
●問合先 仙北市→0187-43-1112
     男女共同参画センター→0182-33-7018


 ファシリテーターは佐々木香里さん(サブカルからジェンダーを考える会代表:秋田公立美術大学の学生・卒業生有志の団体で県内各地で活動中)です。当日は隣接会場で仙北市産業祭も開催していますので、こちらもお楽しみください。

2019年10月13日日曜日

台風19号の被害速報②



 目視できる被害現場は確認を終えました。以下の通りです。なお暴風警報の解除に伴って、本日8時30分に災害連絡室へ警戒フェーズを改めました。心から被害に遭われた皆さんにお見舞いを申し上げます。

●自主避難された皆さん
・田沢湖開発センター 1人
・角館庁舎西側庁舎 4人
・西長野交流センター 1人
・西木総合開発センター 2人 計8人
●停電の地域
・桧木内と上桧木内の約700世帯(復旧済み)
●道路被害
・国道341号玉川温泉入り口付近の倒木(通行可)
・みずほの里ロード角館白岩地域内の倒木(復旧済み)
・抱返り渓谷遊歩道で倒木と手摺り破損(対応協議中)
●農業被害
・ビニールハウスのビニール剥離
●住家や事業所等
・小屋の一部破損や屋根のトタン剥離など複数箇所


 抱返り渓谷は紅葉祭が始まったばかり。毎年多くの皆さんに美しい紅葉をご覧いただいています。全国からお越しの皆さんにご迷惑をかけないよう対策を急ぎます。

台風19号の被害速報①

 明け方から職員など市内巡回をスタート。自主避難所に避難の8人は全員帰宅。桧木内・上桧木内の停電約700世帯は、今朝5時過ぎに復旧しています。

 その他、市管理の公共施設で大きな被害は出ていません。道路状況は国道341号の玉川温泉入り口(鹿角側)で倒木、他の路線も倒木や枝折れなどは複数箇所です。抱返り渓谷の紅葉祭用臨時トイレが倒れていますが対応中です。その他、民家や作業小屋・事業所事務所などで、一部破損、屋根のトタン剥離、看板の緩みなどの報告があります。

 被害状況の全容把握については、まだ時間が必要な状況です。