2017年4月29日土曜日

クニマス5月10日に秋田へ


 平成22年に西湖(山梨県富士河口湖町)で発見されたクニマスが、5月10日に秋田へ帰ってきます。陸路で山梨から秋田に入り、北秋田市阿仁の秋田県内水面試験池にいったん収容。ここで状態を安定させた後、6月中旬には仙北市の田沢湖クニマス未来館へ移送し、7月1日のオープンで一般公開します。

 クニマスは3歳魚10尾(全長約15㎝、体重約50g)。昨年末に山梨県と秋田県と仙北市の3者で覚書を締結し、未来館への貸与が実現しました。阿仁の内水面試験池には温度調整ができる大型水槽があって、飼育技術を持った研究員が常駐しています。ここでクニマスを預かっていただき、建設中の未来館に同種の水槽を設置後、クニマス生息に適した水質となった段階で仙北市に再移送する予定です。水槽の中ですが、クニマスが田沢湖に帰ってきます。ここがスタートです。田沢湖の水質を改善し、クニマスが生息できるようになる日まで、世界中の皆さんの応援をお願いします。

 なお阿仁内水面試験池は、魚類の防疫上一般の皆さんの入場はできません。7月1日の田沢湖クニマス未来館オープンまで、もう少しお待ちください。

2017年4月26日水曜日

今週29日から内陸線が全線運行します



 秋田内陸縦貫鉄道(株)では、2月17日に発生した降雨による斜面崩落への対応で、これまで小渕駅~阿仁合駅間の列車運行を中止していました。この間はバス代行を行いましたが、皆さんには大変なご不便をおかけしました。この度、斜面崩落の復旧工事が完了したことから、4月29日から全線運行を開始できることになりました。あわせて連休中は下記のイベントも開催します。


 斜面崩落が平行して流れる河川の上部だったこともあり、県から復旧対策工事にあたっていただきました。最大最速の対応をいただきました。本当にありがとうございます。再開時期が連休に間に合ったこともあり、イベントも多数用意して皆さんの乗車をお待ちしています。
 例えば…
・4月29日~5月7日 内陸線全区間1日乗り放題
・5月3日~5月5日 こいのぼり列車運行
・5月4日~5月5日 車両基地体験ツアー
 また好評をいただく内陸線ウォークを今年も開催します。第1回は4月23日、第2回は5月28日と、計8回を予定しています。



 仙北市の花紀行で、特にカタクリ群生の郷には内陸線が便利です。皆さんのご利用をお待ちしています。

2017年4月25日火曜日

咲いた咲いた仙北市の花、そして夢!



 仙北市角館町の武家屋敷通りは、シダレザクラが見頃です。桧木内川堤のソメイヨシノは5分咲きと言ったところ。この分だと町中のサクラは週末に満開となるかも。田沢湖刺巻湿原のミズバショウは見頃です。西木町八津・鎌足のカタクリは、日当たりの良い場所では満開、この後もエリアが動きながら見頃が続きます。


 お隣の大仙市では国際花火シンポジウムが開催中です。素晴らしい花火が連日打ち上げられます。たくさんの皆さんに見て欲しい日本の宝です。日中は日本一の花紀行(サクラ・ミズバショウ・カタクリ)、夜は大曲の花火でお楽しみください。本当に贅沢なラインナップです。さらに「みちのく3大桜名所」で連携している、青森県弘前市の弘前さくらまつり、岩手県北上市の展勝地さくらまつりにも足を運んでいただけたら幸いです。


 花が咲くように、市民の夢も少しずつ咲いています。う~ん仙北市ガンバレ!。

2017年4月24日月曜日

情報開示は組織の生命線



 記者懇談会(県内マスコミ全社対象)を開催しました。情報開示は組織の生命線です。そこで昨年度までの懇談会を進化させ、懇談会の定時化(毎月最終月曜日の午前10時)、民間事業者や団体等の情報の代理発信など、開催スタイルを改善しました。マスコミ等にアピールしたい事案があったら、ぜひ市役所総務部広報担当にご一報ください。


 懇談会は先ず行政から情報提供を行い、その後でマスコミの皆さんから質問や意見をいただく流れです。今日は角館の桜まつり・刺巻湿原のミズバショウ祭り・八津鎌足かたくり群生の郷の開花状況の報告、角館の空中さんぽ(桧木内川上空のドローン飛行実証)、田沢湖・角館周遊パス(定額で乗り放題できるバス運行事業)の詳細、アジア太平洋国際温泉旅遊会議の内容、クニマス生体10尾が秋田に到着する日程(5月10日午前を予定)、奇跡のピアノコンサート(4月22日から平福記念美術館)など、また市内の民間事業者による店舗展開などをお知らせしました。


 出席記者からは、提供資料のそれぞれに担当者の連絡先を表記すること、また民間事業者の情報代理発信でも取材窓口を明確にして欲しいなど、記者懇談会の充実に向けた意見をいただきました。今後も記者懇談会の充実化をさらに進めます。

2017年4月23日日曜日

ローズメイカフェ・ファクトリーショップがオープン


 JR角館駅前にローズメイカフェ・ファクトリーショップ(原田青・代表取締役)がオープンしました。「オレンジスライスジャム」など、バラとハチミツ由来の健康食品は全国で大人気ですが、直営店舗の開設は初めての試みです。ここでしか食べられないオレスラソフトはバツグンに美味しかったです!。

  原田代表はあいさつで、「店舗開設にあたりFAN AKIA(秋田初のクラウドファンディングサービス)を活用しました。全国から多くの皆さんに資金提供をいただきありがとうございました」と話していました。また「ローズメイ・ヴィレッジ化計画」を策定したお話もお聞きしました。ヴィレッジ化計画は、ファクトリーショップを全国展開することや、花を植え観光客の皆さんをお迎えできるローズフラワーガーデンやショップをつくるなど。その第一歩が今回の直営店の開設なんだそうです。

 以前から原田代表には、市内で生産量が増えてきたブルーベリーやラズベリー、夏イチゴなどを原料とした新ジャム開発もお願いしています。それに、醤油ソフト・桜ソフト・ほうれん草ソフト・そばソフト・ハチミツソフト、くだものパフェ…にオレスラソフトも加わって、こんな魅力的なバリエーションは仙北市の強みです。「仙北市ソフトアイス純恋ツアー」が企画できないか、検討中です。

2017年4月22日土曜日

長崎県大村市の皆さんをお迎えして


 仙北市角館町の岩瀬天神山に建つ大村藩士・浜田謹吾少年像。謹吾少年は、幕府軍の攻撃に劣勢だった秋田藩応援で、九州地方など15藩から駆け付けた8,400人の中の一人です。新たな日本の幕開けを信じ戦った多くの犠牲があって、角館の町並みは今に息づいています。そんなご恩とご縁から、旧角館町と大村市が姉妹都市の絆を結んだのが昭和57年。その後この史実を顕彰する角館戊辰が誕生し、多くの皆さんの浄財で昭和62年に謹吾少年像が建立されました。

 昨日はその建立30周年記念式典でした。主催いただいた角館戊辰会(矢野庄作会長)の皆さん、本当にご苦労様でした。大村市からは園田市長や村上議長、黒田吾往会副会長、中村親善協会会長など80人を超える皆さんにお出でをいただきました。私は歓迎のあいさつで、「過去の史実を大切に、両市の交流はますます盛んになっています。来年は戊辰戦争150年です。大村市と共同事業などが叶えばと考えています」とお話をしました。これに応え園田市長が「ぜひやりましょう」と。
 実は今年の5月31日に開催するチャレンジデーで、仙北市は大村市との対戦が決まっています。大村市は70パーセント近い参加率を誇っていて強敵です。交流は様々な分野に広がっています。


 記念式典の後の歓迎交流会も大いに盛り上がりました。角館小学校ドリームハーモニーとカツルミさん(大村市出身のシンガーソングライター)が歌った「ひとひら」、感動的でした。涙を流した皆さんも多かったと思います。
 素晴らしい会でした。ありがとうございました。

2017年4月21日金曜日

「角館の桜まつり」が始まりました


 「角館の桜まつり」が始まりました。会期は5月5日まで。桧木内川堤のソメイヨシノは2キロ、町内のシダレザクラは約400本(うち国の天然記念物162本)。サクラと清流と武家屋敷と黒塀…、こんなコントラストは他で楽しむことができません。今日現在で、シダレザクラは2分咲き、ソメイヨシノは蕾です。

 桜まつりオープニングセレモニーには、たくさんの皆さんに出席をいただきました。特に「みちのく3大桜名所」でご親交をいただく青森県弘前市の皆さん、岩手県北上市の皆さん、遠いところをありがとうございました。弘前公園、展勝地の桜祭りの盛会をお祈りします。
 角館の桜まつりは会期中に多くのイベントがあります。また武家屋敷通りの歩行者天国は、4月23日(土)・24日(日)・29日(金)・30日(土)・5月1日(日)・3日(火)~5日(木)です。


 刺巻湿原のミズバショウは、間もなく見ごろを迎えます。八津・鎌足のカタクリはこれからです。サクラとあわせ皆さんのご来場をお待ちします。