2019年9月19日木曜日

フィットネスジムを考える



 仙北市は健康増進に向け、本当に多くの活動があります。元気はつらつ隊、ヘルスケア産業推進協議会、クリオンプール講座、スポーツイベント、バスクリンやポーラなどの連携事業…。そんな中、最近はフィットネスジムの要望を多く耳にしています。


 現在、仙北市内にフィットネスジムはありません。それでお隣の大仙市や横手市に足を伸ばしている方々も多いと…。経済産業省の定義では、「室内プール、トレーニングジムなどの室内運動施設を有し、指導者を配置し、会員にスポーツや体力向上のためのトレーニング方法などを教授する」のがフィットネスクラブなんだそうす。健康志向の高まり、健康寿命の延伸、医療保険の抑制などを考えると、ジムの実現は健康政策としても有効だと思います。それで、私もここ数ヶ月は先々でジムを視察して歩いています。


 民間フィットネスクラブの誘致、市内企業の新展開、行政の運営などなど、様々な方法がありそうです。この後も市役所担当部課と一緒に検討を進めたいと考えています。

4 件のコメント:

  1. 以前は角館に筋トレできる場所がありましたがいまはありません。
    小さくてもいいので是非つくってほしいですね。

    あとはテニスコートです。中学高校と子供がテニスしてますが、ここらへんでオムにコートがないのは仙北市くらいのもんです。最低ですね、ご検討を

    返信削除
    返信
    1. フィットネスジムについては、市保健課を中心に検討が行われています。企業のご協力も必要だと考えています。テニスコートの整備は、長く待たれる案件になってしまいました。ウチの子ども達も同様の思いを持っていました。教育委員会との総合教育会議で再度検討します。

      削除
  2. トレーニング歴は15年ほどになりますが、ドンパルのトレーニングルームには仙北市民も多数見かけます。ドンパルには4月から指導者がいなくなりました。スポーツトレーナーが常駐するトレーニングルームを是非作ってください。お願いします。

    返信削除
  3. たくさんの皆さんから同様のご要望をいただいています。実現したい案件です。

    返信削除